コストコグローバルカードは、コストコの公式クレジットカードです。メリットとデメリットをよくチェックすると、デメリットが目立つ気がします。

コストコグローバルカードのメリット

早速、コストコグローバルカードのメリットから確認していきます。

還元率が1.5%(コストコの買い物)

一番わかりやすいメリットは、コストコでの買い物の還元率が1.5%という点。

還元率が常時1.5%のクレジットカードは希少なので、コストコでガンガン買い物したり、ガソリンを入れたりする家庭なら、かなりお得です。

年会費が無料(条件付き)

コストコグローバルカードの年会費は、初年度は無料、2年目以降もほとんどの人が無料。

1年に1回以上コストコグローバルカードで買い物すれば、通常1250円の年会費は無料にできます。

ETCカードが無料

コストコグローバルカードを持っていると、ETCカードも年会費無料で使えます。

いつも行かない遠いコストコに高速で行くいいきっかけになるかもしれません。

家族カードが1枚無料

コストコの会員は、本人以外にも配偶者や子を家族会員にしているケースが多いです。

コストコグローバルカードは、家族カードを1枚無料で発行できます。

コストコグローバルカードのデメリット

続いてコストコグローバルカードのデメリットです。個人的には、デメリットが目立つので、買い物の半分以上がコストコって人以外はあまりオススメできません。

還元率1.5%は別の方法でも可能

コストコグローバルカードでは、還元率1.5%が魅力的ですが、実は1.5%は別のカードを使っても可能な還元率です。

ちなみに、年会費無料の別のカードを使って、コストコでの買い物で常に1.7%も可能なので、コストコグローバルカードよりもお得な方法だってあります。

>>記事準備中

例えば、楽天カードは還元率1%ですが、キャンペーンを組み合わせるとコストコでの買い物で1.7%になることもあります。

買い物の50%以上がコストコじゃないなら、楽天カードのほうがポイントが貯まりやすいです。

1年に1回しかキャッシュバックされない

1.5%の還元率なので、コストコでせっせと買い物したとします。

例えば、年50万円コストコで買い物した場合、7.5万円分をコストコで使えるポイントとしてカード内にキャッシュバックされます。

1-12月の買い物実績に応じて、翌年2月にキャッシュバックされるスケジュールです。

キャッシュバックのタイミングを自分で選べません。

買い物が多い12月にポイントを使いたいと思っても、その頃にはポイントが残っていないでしょう。

入会時のキャンペーンがない

クレジットカードを新しく作るときは、ポイント還元率が上がったり、商品券がもらえたり、ポイントが付与されたりするキャンペーンが定番です。

しかし、コストコグローバルカードの場合、特に入会時にキャンペーンをやっていません。

カードって申し込んで手元に届くときが一番テンションが上がるので、キャンペーンがないのはつまらないです(笑)。

コストコグローバルカードのメリットとデメリット、まとめ

コストコグローバルカードのメリットとデメリットを紹介しました。

コストコでの買い物は1.5%と高還元率なので、コストコを毎日や毎週のように使う人なら作るといいでしょう。

ただ、還元率1.5%は他のカードでも可能ですし、入会キャンペーンもないので、別のカードを作ったほうがオイシイと思います。